レオハウス住宅とマンションどっちがお買い得か

 

レオハウス住宅とマンション金銭的にどちらがお得か徹底検証

マイホーム購入を検討するときにレオハウス戸建住宅とマンションどちらにしようか迷う方も多いと思います。私の場合は、レオハウスでマイホームを購入する前に、4DKのマンションで10年間生活してきて、狭い圧迫される空間(子供が3人いることも関係していると思います)に耐え切れずにレオハウス住宅を購入しましたが、金銭的にどちらがお得でメリットがあるか考えた事がありませんでした。消費税増税の前にレオハウスでマイホームを購入したいと思っている方の中でレオハウス住宅とマンションどちらにしようか迷っている方も多いと思いますので、このページではレオハウス住宅とマンションどちらがお得でメリットがあるか金銭面に焦点を合わせて検証していきます。


 

マンションとレオハウス住宅の坪単価等価格やランニングコストを比較

マンションレオハウスト住宅の住居専有面積が異なるので単純に比較することは出来ませんが、私が住むレオハウスの自宅の近くで販売されているマンションと私が購入したレオハウス住宅の坪単価等価格や購入費やランニングコストの合計額を比較してレオハウス住宅とマンションどっちがお買い得でメリットがあるのか私なりの考えを示していきたいと思っています。まず、あなぶき興産の新築マンションについてですが、住居専有面積が73.79u、バルコニーが10.13uで販売価格が1990万円。管理費が月額11,900円と駐車場が2台で10、000円。40年生活すると考えた場合、管理費と駐車料金あわせて1051万円で販売価格と合わせて3041万円必要になります。レオハウス住宅については土地や宅地が231uで1000万円、レオハウス住宅の住居面積140uと外構工事合わせて2060万円、管理費駐車場料金がいりませんので合計で3060万円になります。



※1000社以上から希望する条件の住宅メーカーの資料を無料請求できます。後悔しない家つくりには多くの情報収集が欠かせません。
 

マンションよりレオハウス住宅の方が金銭的にお買い得でメリットが

よって40年間生活する事を考えるとマンションが3041万円でレオハウス住宅が3060万円必要になります。単純に総額の比較をするとマンションに軍配が上がりますが、住居面積が約2分の1倍で狭く、隣近所に対する騒音に気を配り、駐車場から距離もある生活を考えるとレオハウス住宅の方(庭も広いですし)がゆったりと暮らせるのではないでしょうか?実際に私はマンションからレオハウス住宅に引っ越してきて非常に満足しています。ただ、これは私が住む地域の地価が安いからレオハウス住宅に軍配が上がりましたが、宅地等土地の価格が高い地域ではマンションの方がお買い得でメリットが高いのではないでしょうか?その地域によって総合的にマンションとレオハウス住宅どっちがお買い得か考える事が必要ですね。※大まかに計算していますので、そう少し細かく計算すると異なる答えが出るかもしれませんのでご了承ください。









 

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数