レオハウス住宅購入と消費税増税に関するデメリット

 

レオハウス住宅購入と消費税増税の影響について

消費税増税のタイミングとその増税の割合が2014年4月1日に5%から8%に、2015年10月1日に8%から10%に決定しました。ここでは消費税が8%に上昇した場合にレオハウス住宅の購入に関してどのような影響が出るのか説明します。まず消費税がかかるのはレオハウスの建物のみで土地にはかからない為に土地だけ先に購入しようと考えている人は消費税が上昇するタイミングを気にする必要はありません。

 

レオハウス住宅以外に外構費用や住宅ローン金利等増税の影響が

また、レオハウス住宅購入以外に新築時にかかる外構費用や家具等に消費税増税の影響があります。住宅ローンの手数料や支払金利や火災保険料や引っ越し費用等にも消費税増税の影響があります。レオハウス住宅購入の際は原則としてレオハウス住宅の引き渡し時の消費税率が適用されます。ただ、移行措置として特例が設けられているために2013年9月末日までにレオハウス住宅の売買契約を締結すれば消費税率が8%に増税される2014年4月1日以降の引き渡しでも消費税率が5%になります。また、2013年10月1日以降にローコスト住宅の売買契約を締結した場合でも、2014年3月末日までにローコスト住宅の引き渡しが完了すれば5%となります。(私の場合レオハウス住宅の売買契約の成立から引き渡しまで約3か月程度でしたので、レオハウスでマイホームを購入する場合は、2013年10月以降でも十分増税前に購入する事が可能だと思います。)

 

レオハウスの家やマイホーム購入と消費税増税のメリットやデメリット

消費税増税が行われた後の影響については、例えばレオハウスの建物価格が2500万円の場合、8%の消費税増税であれば、75万円の増税。その他、現在の金利情勢で住宅ローンの支払金利が100万円程度の増額。外構工事や家具や照明等備品が400万円の場合、12万円の増税。その他、火災保険や引っ越し料金等が消費税増税の影響を受けます。消費税増税に伴い住宅ローン減税が拡充されるメリットがありますが、やはり消費税増税のデメリットが大きいので数年以内にレオハウス住宅購入を検討している方は消費税増税前の今がマイホーム購入のチャンスだと思います。

 

 

 

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数