レオハウス住宅に1年住んでみて追加工事したところ

 

レオハウス住宅に住んでみて不便だと思った所を追加工事

レオハウス住宅で家を建てて住みだしてから1年が経ちました。設計や仕様の段階でよく考えていたりしたのでほとんど満足していますが、やっぱりここはと思う部分があって先日変更の工事をしてもらいました。

1つ目はインターホンが1階にしかついてなかったことです。2階にいると来客があった場合にもチャイムが聞こえず、宅配の方が配達にしてくれているのに気付かないということがあったりしました。

 

 

2階にもインターフォンの子機を設置

そこで、2階にも子機をつけてもらうことにしました。レオハウスの方に聞くと、無線で電波を飛ばすタイプになるらしく、玄関外の呼び鈴やリビングの本体から交換しないといけないということで見積りもらった額は48,860円でした。2階の子機はリモコンのようなものでどこの部屋にも持ち運びができます。玄関の外の呼び鈴と親機は今まで使っていたものとほとんど変わりがありません!

 

 

防犯の為に勝手口側をセンサーライトに取り替え

2つ目は、家の表につけたように家の裏にも防犯上センサーライトをつけておいたらよかったということです。

これは新たにセンサーライトをつけるということになったらちょっと大変なので勝手口のライトを人感センサーのついたものに変えるという工事をしてもらうことにしました。見積もりいただいた額は12,000円ということでした。

デザインはシンプルな四角いものですが人の気配で電気がつくので防犯上これで安心できます。

レオハウスさんに支払う額は工事施工費と収入印紙代もふくめて75,800円です。

ちょっと痛い出費ですが、快適な暮らしをする上での投資です。建てる段階から気づいていればよかったと思うのでこれから建てる方は参考にしていただけるといいです。

更に大満足なレオハウスの家に生まれ変わりました

 

 

 

 

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数