ブログ

2012年2月7日 18時24分11秒 (Tue)

レオハウス住宅の住宅借入金等特別控除確定申告書作成時にトラブル発生

今日、住宅ローン減税の恩恵を受けるために確定申告書を作成していたのですがその時にトラブルが発生しました。これは時をさかのぼること建物の登記の手続きになるのですがレオハウスお抱えの佐藤司法書士が知らなかったという理由で私が購入した住宅を長期優良住宅で登録していませんでした。この登録が出来ないと長期優良住宅のメリットである1.2%の住宅ローン減税の恩恵が受けることが出来ません。となると10年間で50万円の減税を受け損なうことになります。数十万円追加費用をかけていましたので当然私としては納得いきません。とりあえず状況を確認するためにこの佐藤司法書士に電話で確認することにしました。すると私は長期優良受託であることを知らなかったと責任逃れをしだしました。挙句の果てにその間違いを訂正する方法を私に説明しだしました。私としては手続きが正確に行えていないのであれば私の時間を使って私が動くのではなく当然ミスした人がすべきであると思ったのでレオハウスや土地家屋調査士の誰かに責任を取ってもらうと伝えました、。するとそれまで責任逃れしていた司法書士がこちらでやりますと言い出しました。ものすごくへらこい奴だなと思いましたが、やってくれるのならいいかと思い、その司法書士にやってもらうことにしました。その司法書士が自宅に来たときに必要な書類を渡したのですが、その時にそのほかにメリットを受けれてないことがないのか確認したところ登録免許税が一般住宅の料金で計算されていることが判明しました。当然納得できない私はその司法書士にミスであれば訂正が効くはずであると訴えましたが、過誤であっても訂正は聞かないといわれました。あなたにミスは無かったのですかと聞くと私は知らなかったので私の責任ではないと言い張るので、当然納得できない私は素人である私が分からないからプロを雇って報酬を支払って手続きをしてもらった。そのことについてミスがあったので司法書士であるあなたに責任が無いのであればレオハウスか土地家屋調査士にミスがあったと思われます。私の叔父に司法書士をしている人がいるのでその人に相談して責任をどこに求めるのか決定しますと伝えました。するとそれまで言い逃れをしていた司法書士が私にも手続きした責任があるので私がお金を支払いますといって4100円返金してくれました。この司法書士の態度に不信感を覚えましたので、不動産収得税や固定資産税の長期優良住宅のメリットが受けられているか心配になったので県庁や市役所に問い合わせをすることにしました。とりあえず不動産収得税については問題なかったようです。レオハウス住宅は大満足でしたが、非常に腹立たしい思いをさせられたので少し残念です。

コメント

無題

私も同じ様なことがありましたが、私の場合は、レオハウスから紹介された土地の周辺に神社が無い事が、条件でしたが、騙されました、それから家の完成日も予定よりすごく遅れ、年末になり、大変な思いをしました、それから残土処理、その他建築用の道具も家の引き渡し時に、撤去されず、この先がとても不安でいっぱいです。
【2015年1月28日 00時07分 (Wed)】 ゲスト

無題

たいへん腹立たしい思いでいっぱいだと思います。

こういう時は泣き寝入りしたらそんなので言いにくいかもしれませんがどんどん不満はレオハウスの担当者や担当者でラチがあかなければ支店長に、そして支店長でラチがあかなければ本部の苦情対策窓口に怒って訴えていきましょう。

煩わしい人だなと思ってくれたら相手も粗相がないように気をつけるようになって丁寧な対応をしてくれるようになる思います。
【2015年1月28日 06時19分 (Wed)】 たまさん(管理人)

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数