レオハウスの長期優良住宅仕様のメリット

 

レオハウスの長期優良住宅仕様のメリットを詳しく紹介

ローコスト住宅メーカーでもタマホームの様に長期優良住宅が標準仕様サービスだったり、レオハウスのように少々の追加資金で長期優良住宅仕様に変更する事が出来ます。このページでは、マイホームや自宅や住宅や家を購入するにあたってレオハウスの長期優良住宅にすることのメリットについて説明させていただきます。


家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】 で情報収集をしましょう。多くの情報を集めて真剣にマイホーム作りをしないと後でこうしとけばよかったと後悔することになります。

 

 

固定資産税の軽減措置適用期間の延長や住宅借入金等特別控除等

1、耐震、断熱、バリアフリーなど一定の条件を満たした、長持ちする優良レオハウス住宅が手に入る。 躯体は100年間品質や強度を損なわず利用出来る事が条件になります。

2、固定資産税の軽減措置適用期間が延長(3年間→5年間)
 不動産所得税の控除額が拡大(1,200万円→1,300万円)節税出来るので家計の節約になります。詳しい内容は下記ページで説明しています。

 

  私が実際に土地購入時に必要であった費用明細

  

3、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)が拡充

  (最大500万円:控除率1.0%→最大600万円:控除率 1.2%)

 

  住宅ローン控除を利用して所得税減税を受けるために確定申告

  

 

 

火災保険料の値引きや登録免許税の軽減や住宅ローン金利減免のメリット

4、登録免許税の税率が軽減で節税

  (保存登記0.15%:移転登記0.3%→保存登記0.1%:移転登記0.1%)

 

  売買時の不動産収得税や登録免許税や負担金の精算

  


 

5、住宅ローンフラット35Sを利用する場合、省エネルギー性、耐震などの要件を満たすと当初10年間の借入金利について1%、10年目以降20年目まで0.3%の金利優遇を受けられます。私はレオハウス提携の優良住宅ローンのフラット35を利用しました。※一番金利が安いフラット35は楽天銀行住宅ローン【フラット35】 でご利用できます。

 

  フラット35Sエコのメリット

  

 

 

6、レオハウス提携の住宅火災保険料が半額ぐらいになる。ちなみに私の場合優良住宅ローンのフラット35を利用した関係で35年の火災保険に入りましたが、元々の火災保険料は120万円で長期優良住宅仕様にしたので60万円ですむことになりました。詳しい内容は下記ページで紹介しています。※火災保険一括見積もり依頼サイト を利用すると保険料が一番安い最適な火災保険を見つけることが出来ます。火災保険料も数十年で数十万円の差になりますので見積書を取得して比較したほうが絶対に得です。
 

  レオハウスの火災地震保険マイホームぴたっと

  

 

 

レオハウスの長期優良住宅に対する認定基準

○劣化対策

 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる。通常100年程度。鉄筋コンクリートの場合はセメントに対する水の比率を低減するか、鉄筋に対するコンクリートのかぶりを厚くする。木造造りの場合は床下及び小屋浦の点検口を設置して、床下空間を一定の高さを確保

○耐震性

 大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制し、改修の容易化を図る。建築基準法の1.25倍の地震力に対して倒壊しない免震建築物であること。

○維持管理変更の容易性

 構造躯体に対して耐用年数が短い内装・設備に対して清掃・点検・補修・更新が容易に出来る必要な措置をとっていること

○可変性

 居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能であること。配管・配線のために天井高を確保すること。

 

○バリアフリー性

 将来の改修に対応できるように共用廊下・階段等に必要なスペース(エレベーターの開口幅)が確保されている。

○省エネルギー性

 断熱性能等

○住居環境

 地区計画、景観計画、条例による町並み等の計画、建築協定との調和が図られること

○住居面積

 良好な居住水準を確保

○維持保全計画

 将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されている。

 

 

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数