住宅ローン減税や特別控除の今が住宅の買い時

 

住宅借入金等特別控除を利用してお得にマイホームを購入する

住宅ローン減税とは、居住用の住宅を購入した際、住宅ローン借入金利の一定割合を所得税から控除する制度のことです。正式名称は住宅借入金等特別控除といい、納税者の税負担を軽減する効果とともに、住宅購入促進による景気回復を見込んだ制度となっています。住宅ローン減税は住宅ローンが終わるまで受けられるわけではなく、住宅取得から一定の期間のみ確定申告や年末調整をすることによって控除を受けることができます。
 

 

※希望や条件にあった住宅メーカーの資料を無料で一括請求できます。手続きも簡単ですし満足できる家を建てるために多くの情報を収集することが必要ですので興味がある方は是非このサービスをご利用ください。


 

年末調整や確定申告による住宅ローン減税の税額控除額

住宅ローン減税の期間は平成21年〜平成25年居住分に関しては、一律10年間となります。税額控除額は一般住宅の場合平成22年までの居住分が最大1年間に50万円で以後23年40万円、24年30万円、25年20万円(控除率はそれぞれ1%)と減額していき26年以降は税額控除なしとなります。長期優良住宅の場合は、平成23年までの居住分が60万円で以後24年40万円、25年30万円(控除額は23年居住分が1.2%、それ以外が1%)と減額していく26年以降は税額控除なしとなります。日本の財政状況から考えると今後これ以上の住宅ローン減税(住宅取得促進政策)が行われる可能性が低いと思われますし、それ以上に財政改革等消費税の増税等が待ち受けていますのでこの住宅ローン減税が利用できる今が住宅(自宅・マイホーム)の買い時(購入の最期のチャンス)ではないでしょうか?

 

 

年収が低い方は住宅ローン減税の恩恵をフルに受けられないデメリットが

ひとつ気を付けてほしいのですが、住宅ローンを利用してマイホームを購入すると一律税金が年末調整や確定申告で返還されるように誤解されそうですが、それは間違いです。年収等の所得が低くて税額控除額の上限未満の所得税しか支払っていない場合は、住民税からも税控除がなされますが、所得税と住民税の合計金額が税額控除の上限未満の場合は、確定申告や年末調整をしてもその合計額しか税金の控除はありません。結局、年収等所得が低い方は住宅借入金等特別控除の恩恵をフルに受けることが出来ないというデメリットがあります。

 

 

 住宅ローン控除を利用して所得税減税を利用するために確定申告

 住宅ローン減税の今がチャンスです

 

 

 

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数