私のレオハウスでの家作りについて

2011年12月15日 20時23分25秒 (Thu)

女性(私の妻)の目から見たレオハウス住宅を建てた中でよかった便利な所

標準装備で浴室乾燥が付いていたことが良かったです。雨の日や天気が悪い日に浴室に洗濯物をいっぱい干して4時間浴室乾燥をすることによって洗濯物が完全に乾くので非常に助かっています。完全自由設計とは言うけれどほとんど出来ることは決まっているので決めることが少なくてすむ為に主人ともめるやけんかになる事も少なかったように思います。設計段階で収納をたくさん取って洗濯機とか本棚とかパソコンラックとかその他見せたくないものを隠せる構造にしたので常に家がすっきりしてと急なお客様にも困らない様になりました。2階のベランダに洗濯物を干すが、乾かなかった場合や天気の悪い日には部屋干しも出来るように天井に干し姫様を自分で購入して棟梁や現場監督に頼んで無料で設置してもらったこと。(オプションでつけれたが値段がかなり高かったです。)キッチンはシンクをオプションで人工大理石に替えてもらい見た目にも作業台からの段差もなく手入れしやすいことも良かったです。サンウェーブのパタパタドアで包丁やお玉などを収納することが出来るのはとても便利だと思います。長期優良住宅にしたために標準で床下収納がキッチンと洗面所の2箇所についていてストック品を置く事ができとても使いやすいです。趣味のミシンをすぐ使えるように家事室を作ってもらったことで趣味も楽しめます。トイレの手洗いを別に小さいけれど付けて貰ったので衛生的で高級感があります。1階と2階にトイレを作るのは絶対条件であったが、マンションの時の不便さが解消されてトイレ待ちをすることなく快適に利用できています。リビングの横の和室の引き戸を3枚扉にしたことによって開放感がありリビングが広く使えるようになりました。和室のふすまを壁紙と一緒にしてもらったのと琉球たたみに替えたことで和室でありながら洋間のリビングとあまり違和感がないです。リビング、2階の子供部屋、寝室の壁の一面をアクセントで壁紙を替えたのでおしゃれに出来たと思う。1階と2階の床の色とドアの色を変えたので両方楽しめて良かったです。

2011年11月29日 18時24分32秒 (Tue)

引渡し後一ヶ月点検が終わりました

昨日、引渡し後の一ヶ月点検が終わりました。点検と言ってもレオハウス側が点検するのではなく、使用者である私たちがここは補修が必要であると感じたところをレオハウス側がチェックするような感じでした。事前に補修が必要だと思っていた場所は一階のトイレの角に隙間が少し出来ていたぐらいでしたが、その事を伝えるとすぐに補修してくれました。2階のトイレも念のため見てくれてドアのねじが外れかけていたらしいのでその部分をしめなおしてくれました。その後はチェック表による聞き取りで確認していきました。その時に、構造がその様なものだからどうしようもないといわれるかなぁと思っていましたが外回りの雨水のマンホールの下の部分が外れるのであぶない事を伝えるとすぐに確認してくれて、その点についてはボンドで接着する事を忘れていたのですぐに対応しますと言ってくれました。これはどうかなぁと思うことも素人考えで勝手に判断せずにとにかく相手に伝えたほうがいいと思います。今回は以上でしたが、最後にレオハウスの担当者からレオハウスの保証やメーカーの保証の大半は1年から2年になっているので、それまでの間に気になることがあれば何でもいってくださいといっていたので保証が切れる1年目や2年目の点検時は事前に出来るだけ細かく自分自身で点検しておく必要があるなと感じました。

2011年11月25日 22時22分50秒 (Fri)

一ヶ月点検

来週の月曜日に一ヶ月点検があります。これは実際に住んでみて不具合がないか確認するもので実際にレオハウスの担当者が来て、細かく点検するわけではないようです。完成検査時に気が付かなかった不具合を現場監督に申し出て直してもらうものだと思います。私自身は完成検査時にある程度チェックして必要な部分の変更をしてもらっていたので特に一ヶ月点検で指摘する部分はなさそうです。レオハウス住宅はかなり快適ですよ。

2011年11月15日 20時23分11秒 (Tue)

引越し時の誤算

資金に限りがあるのでなるべく節約しようと照明は今現在使用中のものを新居に持っていって使用する予定であったのですが、それが6個中2個しかつかず残りの4個をつけるためには天井に穴あけして取り付けないといけないとアート引越しセンターの作業員にいわれました。何とか自分で取り付けても良かったのですが、新居に穴を開ける抵抗感や失敗したときのことを考えたり、節電のために全ての照明をLEDにしたかったので結局買い換えることにしました。一番安いタイプのものにしましたがそれでも10万円したので痛い出費でした。こんなこともあるので新居購入や引越し時は資金に余裕をもって行うほうがいいと思います。

2011年11月11日 20時52分52秒 (Fri)

引渡し

引渡し当日は、優良住宅ローンのフラット35の融資金が午前中に私の銀行口座に振り込まれたので、そのお金と残りの支払額を合わせた金額をレオハウスに振り込みました。そして、その日の3時に引渡しになりました。レオハウスは工事期間中工事用の鍵を利用して出入りしていたのですが、引渡し時に頂いた鍵を一回利用するとその工事用の鍵は使えなくなりました。これによって工事関係者が勝手に合鍵を作って、泥棒をする様なリスクがなくなるのですが、ここでひとつ問題が起こりました。それは、完成検査時に指摘した点を改修するために鍵を貸してほしいといってきたことについてなのですがそうなると本使用する鍵を工事業者に貸すということになるので、全く今まで工事用の鍵を利用してきた意味がなくなります。そのことをレオハウスの現場監督に伝えましたが、あまり深刻に考えていないような感じでした。感受性が乏しいから仕方ないと思いましたが、私自身は問題だと思っていましたので現場監督にこの鍵はあなたが保管してください。そして出入りするときに他の大工等に貸し出すのではなくあなたがこの家の鍵を開けあなたが閉めるように人の手に渡さないように指示しました。分かったといっていたのですが、妻が見に来たときにこの現場監督はいなかったので多分鍵を渡していたのだと思います。文句を言っても良かったのですが、気持ちよく終わりたかったのでその気持ちをぐっと胸に堪えました。


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数